施工実績

太陽光発電所の草刈りとメンテナンス

点検サポート 太陽光発電所の草刈りとメンテナンス

遊休地を利用して太陽光発電を設置されている場合、雑草対策は大きな問題。
防草シートを敷き詰めたり砕石を厚めに敷いたり様々工夫をされています。
こちらの発電所は、発電エリア内が砕石敷きなので問題なし。
周囲のみ草刈りのご依頼をいただき、対応しました。

特長

刈り取ってパッカー車で運搬処分

刈り取った草は、用意したパッカー車に詰め、処分場へ。
雑草を放置すると虫や小動物が住み着いて、パネルやパワーコンディショナを痛める可能性も。
きちんと管理が必要です。

刈り取ってパッカー車で運搬処分

草刈りと同時に発電状況確認

今回は1枚パネルの割れを発見。
カラスなどが上空から石を落とすことが原因と考えられます。
強化ガラスなので細かなヒビが入るだけですが、やがて水が浸透し漏電するため交換します。

草刈りと同時に発電状況確認

パネル交換し正常運転

パネルを交換し、直流電流が正しく流れているか確認。
太陽光発電は小規模でも「発電事業」。
適切に管理する義務があります。
「どうしたらいいの?」と迷ったら当社にお問い合わせください。

パネル交換し正常運転

おすすめの施工事例