新着情報

2021年09月08日 お知らせ

高圧太陽光発電パワーコンディショナの故障(経年劣化)に備えよう

発電開始から5年以上経った大規模太陽光発電(高圧)の現場から
機器の故障が報告されるようになってきました。

本日もパワーコンディショナ停止の連絡を受け、急行したところ
冷却ファンを動かすための電気部品(リレー)が故障していました。

製造メーカーは消耗品を5年程度で交換するよう推奨していますが
「故障して動かなくなるまで使いたい」とお考えになるお客様もあります。

部品交換が済むまでの発電ロス >= 前もっての部品交換コスト
となってしまうケースもあるので
定期的な点検と部品交換を行い、安定した発電を確保することを
おすすめします。

今回は、こんな小さな部品の故障で250kwのインバータが数日停止となります


静岡県~愛知県東三河エリアで
発電所の見守り、メンテナンスのご相談やご依頼はお問合せフォームから受け付けています。

太陽光発電と蓄電池の販売施工メンテナンス オーエフシステム株式会社

一覧へ戻る