エネルギー相談Q&A

点検サポート

雨が降っても点検はできますか?

雨が降っても、日中の発電している時間帯であれば点検はできます。
ただし、屋根上のパネル点検は、滑りやすく転落の危険があるため点検はできません。

ソーラー&蓄電池

2019年問題とは何ですか?

2009年11月から48円/kwの単価で固定買い取りが始まったお宅は、2019年10月の検針分をもってその単価での買い取りが終了します。
固定買取制度終了の最初のタイミングが2019年であるため、「固定買取終了とそれに続く太陽光発電の扱い方をどうするか」という問題を「2019年問題」と業界では言っています。
(固定買取期間は発電開始から10年間なので、例えば2015年1月に固定買取が始まったお宅は2024年12月検針分までが固定買取期間となります。)

ただし、固定買取制度の終了後も、売電そのものができなくなるわけではありません。
電力会社は、「今までより安い単価になるが、買取は続ける」、と発表しています。

「今までより安い単価」が一体いくらになるのかは、2019年4月以降に発表されることになっています。

固定買取終了後、太陽光の電気をどう扱うか、色々な選択肢があります。
・そのまま安い単価で売電を続ける
・売電は続けるが、少しでも高い単価で買ってくれる会社に売電先を変える
・蓄電池を導入して、太陽光発電の電気は売らずに貯めて、あとから使う
・エコキュートの湯沸しを太陽光発電で行い、夜間電力を節約する・・・などなど。

私たちは、電気の使用状況に応じて最適なご提案をいたします。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
0120-48-3382

電気工事

感震ブレーカとは何ですか?

地震の揺れを感知すると自動的にOFFとなるブレーカです。
停電復旧後の通電火災を防ぐために、感震ブレーカへの交換をおすすめしています。

電気工事

照明をLEDに交換する工事をお願いできますか。

照明器具の交換工事やコンセントの移設・増設工事など、ご家庭の電気工事全般を承ります。見積は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

点検サポート

非常用コンセントを増設できますか?

停電時、自立運転に切り替え後、延長コードを用意しなくても冷蔵庫や洗濯機で非常用電源を使えるよう、壁付の非常用コンセントを増設することができます。
費用は現場の状況によりますのでお問合せ下さい。0120-48-3382

ソーラー&蓄電池

200Vが使える蓄電池はありますか?

弊社では、200Vも使用できるニチコン・長府工産製のハイブリッド蓄電池も取り扱っています。この蓄電池は停電時に特定の回路だけでなく、家全体に電気を供給できます。

ソーラー&蓄電池

停電時、蓄電池で使用できる電気はどのくらいですか?

京セラの12kwhタイプ蓄電池は、あらかじめ決めた2回路で電気を使うことができ、100Vで最大2,000w使用できます。同時に430w程度使用した場合、最大23時間ほど連続使用できます。

ソーラー&蓄電池

京セラ以外の太陽光発電が付いている家に、京セラの蓄電池は設置できますか?

出来ます。ただし、京セラ以外の太陽光発電システムに起因して蓄電池に不具合が起きた場合、保証対象外となります。

ソーラー&蓄電池

蓄電池の設置条件を教えてください。

直射日光が当たらない場所(家の北面など)に設置します。海岸からの距離が300m以内の塩害地域は設置ができません。

ソーラー&蓄電池

蓄電池に補助金はありますか?

2019年3月現在、国からの補助金はなく、各自治体から出ています。
4月以降の来年度予算に蓄電池の補助金が盛り込まれる予定なので、詳細がわかり次第お知らせしてまいります。